トップ > 業務内容(会計)

業務内容(会計)



業務内容(会計に関する業務)

御社では「月次決算」を行っていますか?

 

上場企業や大企業では当たり前となっている「月次決算」。
企業によっては「日次決算」を行っているところもおります。

 

また、決算書(月次決算)をどのように活用していますか?

 「過去の数字だから急いで出す必要はない」「いつでも良い」

 「月次決算は上場企業や大企業が行うのであって中小、零細企業には必要ない」

と思っていませんか?

 

足腰の強い企業は
月次決算を「過去の数字のみ」と捉えるのではなく

  「企業の現状、健康状態を正確に表すもの」
  「次のアクションを起こすための重要な判断材料」
  「様々な経営分析、経営改善を行うための資料」
  「企業の今後の方向性を意思決定するための重要な資料」 として捉え、

自社で、できるだけ早く、正確に行っています。

 

このページをご覧いただいた企業経営者、経理担当者等のみなさまは
これをきっかけに「月次決算」「会計」は経営判断を行う上で最も重要な要素として捉えていただき、

早期に次の経営判断を行う体制作りを実行に移しましょう。

会計に関するサポート業務

  企業内、企業外から様々な立場で、ご要望に応じた関わり方が可能です。
 
 <外部CFOとして企業経営サポート> 
  ~業務対応範囲~
   経営者、社長の側近として様々な視点から経営アドバイスを行います。
   経営の数字に関する部分だけでなく、監査に関する部分、管理分門に関する部分等
   経営全体についてあらゆる視点からサポートします。  

   自社内で役職社員としてのコストをかけずに外部の動きも捉えながら
   高度で高品質な経営陣をサポートする体制を作ります。

 <各種法人、団体の会計に関するコンサルティング業務>
  (組織の種類、大小、業種は問いません)

  ~業務対応範囲~
   上場企業レベルの経理業務、監査対応まで可能です。

   株式上場に向けた会計、経理業務構築、業務改善、デューデリジェンス対応等
   M&Aに対応するための会計、経理業務構築、業務改善、デューデリジェンス対応等
  
   事業承継に向けた会計、経理業務構築、見直し、業務改善、体制の再整備等
   任意団体等の会計、経理業務構築、財務経理部の組織構築、強化、育成など

 <月次決算導入、改善、実行に関するコンサルティング業務>
  ~業務対応範囲~
   業種、業態に合わせた月次決算の導入、業務構築、業務改善、導入後フォローまで可能です。

  ~事例~
   設立後2年目の企業様向けに月次決算の導入、業務構築、安定運営を行うことによって
   経営情報が早期、安定的に提供され経営が強化された。
   この企業様はその後東証1部上場企業にM&Aされ、M&Aの際のデューデリジェンス等も対応しました。

 <管理会計導入、改善、実行に関するコンサルティング業務>

  ~業務対応範囲~
   業種、業態に合わせた管理会計の導入、業務構築、業務改善、導入後フォローまで可能です。

  ~事例~
   会計ソフトは導入していたが、各部門別には損益状況は把握できておらず
   管理会計の仕組みを導入したかったが社内に知識を持つ人材が不足していた企業様。
   
   管理会計導入に向けて現状業務のヒアリング、管理会計導入後の希望する形について
   ヒアリングした後、管理会計の設計、導入手続き、担当者への教育を行い、
   管理会計導入後の継続的なフォローについても行うことによって経営が強化され
   経営全体から各部門の状況まで毎月早期に把握することができ、
   その後継続的に決算結果を次の迅速な対応へとつなげることができた。


 <会計ソフトの導入、更新、他会計ソフトへの移行に関するコンサルティング業務>
  ~業務対応範囲~
   会計ソフトの選択、導入手続き、会計ソフト導入による業務改善、導入後のフォローまで可能です。

  ~事例~
   今使用している会計ソフトから新しい会計ソフトへ移行するにあたり、新会計ソフトへ移行するための
   準備から導入手続き、完了後のフォローまでのスケジュール作成、実務フォローなどを行い、
   通常業務を行いながら新しい会計ソフトへの移行を完了することができた。

   M&Aにより親会社が変更となった企業様の親会社と同じ会計ソフトへ移行するため
   スケジュール作成から導入手続き、導入後のフォローまで一貫してフォローを行い
   M&Aという大きな変化の中、会計ソフトを共通化することができた。
   

 <その他会計、経理に関する業務>

 経理業務等を次の方に業務をつなげるためのサービス「ブリッジ」
 例えば以下のような時に有効です。
   社員の方が退職された(退職予定)ことにより一時的に人材不足になった場合の一時的フォロー
   管理職の方が異動、退職等により一時的に人材不足となった場合の次につなげるためのフォロー

 経理部長、管理部長を他社とシェアする「シェア」
 例えば以下のような時に有効です。
   管理部門の管理職を採用したいが人件費等のコスト負担が難しい場合
   管理部門の管理職は必要であるが毎日勤務が必要でない場合
   管理部門の管理職は必要であるがコストをなるべく抑えたい場合


 上記全ての料金体系は稼働日数等により月額固定で、

 法人、団体様の現状、ご要望に合わせた業務、契約体制が可能です。

     お申込み、お問い合わせはこちらから
 






  【専門家プロファイル】

    大間のページ http://profile.ne.jp/pf/fp-oma/  

  
   
   
   【My-Adviser.jp (マイアドバイザー)】

     大間のページ http://www.my-adviser.jp/search/detail.php?id=43


 

  

 
                                                TOPへ戻る 











会計・・・月次決算、決算早期化、中間決算、期末決算、売上、経費、利益、伝票、

     貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、

 

家計・・・家計診断、家計見直し、住宅、保険、運用、資産、住宅ローン、税金、相続、

     ライフプラン、ライフイベント、キャッシュフロー表、ライフプラン表、節約、

     家計簿、家計節約、ファイナンシャルプランナー、FP、CFP、AFP、

 

監査・・・監査役、監事、会計監査、業務監査、法定監査、任意監査、予防監査、内部監査、

     システム監査、監査基準、監査報告書、監査法人、公認会計士、財務諸表、

     ディスクロージャー、会計監査人、